膣圧は男性にとって重要なのか?(男性100人膣圧アンケート)

この間、街にあるフツーの本屋さんに行くと、いきなり以下のようなインパクトの有るタイトルの本が平積みにされていて、そりゃあもうびっくりした管理人です。

また、女性の間では、膣トレ(膣トレーニング)とかも流行ってるようで、少し前ですがAV女優の紗倉まなさんが「マネージャーといっしょに膣圧測定をした」なんていうくらい、『膣圧』というものが女性に注目されているようです。

ただ、正直管理人的には、膣圧がすごい=セックスが気持ち良いに結びつかない気がしまして、「女性が膣圧を気にする風潮は如何なものか?」と思ったりしております。

そんな中で、男性は女性の膣圧についてどんな風に感じているのか、男性100人にアンケートを取ってみました。

膣圧アンケート結果

アンケートは、3人以上の女性と性行為をした経験のある男性100人に、私の用意した以下の4項目の択一式で行いました。

項          目 回 答 数
女性毎の膣圧の差異を気にしたことが無かった 12名
膣圧のきつさとセックスの気持ちよさはあまり関係が無い 27名
膣圧のきつい女性のとセックスは、むしろ苦手だ 13名
膣圧がきついとセックスが気持ちいい 48名
 合    計 100名

結果的に、回答数が多いのは確かに「膣圧がきついとセックスが気持ちいい」では有りましたが、過半数を割っておりますし、「女性毎の膣圧の差異を気にしたことが無かった」との回答の方も1割以上います。

また、「膣圧のきつい女性のとセックスは、むしろ苦手だ」という人も1割以上いますし、私と同じく「別に膣圧ではないだろう」派も約3割存在します。

そもそも膣圧がきついということは…

そもそも膣圧がきついということは、まあ、「締め付けがきつい」ってことですよね。

それってオナニーするときに強く握るかどうかってことで(笑)。

まあ、もちろん、ピストンの度に抵抗感が強いというのは有るでしょうが、まあ、その程度のものではないかと…。

実際、セックスの中では、女性の仕草だったり、目と目を見つめ合う感覚だったり、その中での会話だったりと、男性を興奮させる要素は他にも多数あります。

上記の結果を見ても、「別に膣圧にこだわらない派」が過半数ですし、膣圧にこだわりすぎて、頑張って膣を締め付けようとかしていると、セックスに没頭出来ません。

ということで私としては、男性も女性も、昨今の膣圧ブームなど無視していただいて、ただただ純粋にセックスを楽しむ方向に向かっていただければなぁ…と思う次第です。