ドライオーガズムへの最短コース5:いよいよドライへ

ドライオーガズムへの最短コースですが、最終回の5回目になりました。

今回は、いよいよ!ドライオーガズムそのものに到達するステージとなります。

前立腺刺激自体は、あなたのドライオーガズム・メンターが行ってくれるでしょうから、ここでは前立腺で気持ちよくなるマインドセット(結構重要なんです!)を中心にお話したいと思います。

今回についても、前立腺刺激自体は、あなたのドライオーガズム・メンターが行ってくれるでしょうから、ドライの構造やマインドセットが中心になります。

なぜウエットで逝ってしまうのか?

過去記事(連続中イキSEXを目指すためにオーガズムの基礎を知る)でも書きましたが、オーガズムというのは、性感がどんどんと高まっていって、これに伴って心と身体のテンションが上がっていって、ついには我慢の限界を超えて風船が割れるように解放される現象です。

これは、ペニス・前立腺に限らず色んな場所で起こりうるもので(極論、キスでオーガズムに到達したりも出来ます。所謂「脳イキ」です。)、本来的には射精と連動するものではありません。

ただ、我々男性の場合、『ペニスの性感⇒射精』という分かり易くて強固な連動が出来上がってしまっているために、どうしても色んな快感をペニスの性感に結び付けようとしてしまいがちです。

前立腺で気持ちよくなりながら射精してしまう(ウエットで逝ってしまう)のは、折角高まってきた性感を、ペニスの方に流してしまうことから生じる現象なのです。

管理人より
管理人より
前立腺刺激の際にペニスの刺激を行うのは、性感の「呼び水」になるのでいたし方が無いのですが…。

前立腺の刺激でウエットで逝かないための方法は?

前立腺刺激で、ウェットで逝かないための方法は、ペニス刺激によらずに前立腺刺激単体で気持ちよくなれるように、前立腺性感を上げていくことです。

トライアルを重ねることでも上がって行きますし、一連の過去記事でお伝えしたPC筋トレーニング・蟻の門渡り(会陰部)刺激なども、前立腺性感のアップに大いに役立ちます。

また、このような構造をしっかりと腹に落とし込んだ上で、前立腺で十分に気持ちが良い時には、「ペニスの刺激無しで、前立腺刺激だけにしてください」とドライオーガズム・メンターにお願いしてみることも有効です。

意識的に少しずつ少しずつ、「ペニス刺激」への依存を減らしていくようにするイメージです。

但し、拘り過ぎるのも逆効果

上記に反するようですが、ドライに拘り過ぎるのが逆効果になることも有ります(前回4回目でも同じ話がありましたが、ちょっと局面が変わります)。

ドライを目指す方というのは、そもそも『気持ち良くなりたくて』目指しているはずなのに、ついつい『ドライという結果』ばかりを追い求めるようになりがちです。

そうすると、オーガズムを感じるために重要な『心と身体の開放』が出来なくなってしまって、心の底から気持ち良くなれず、結果ついついお馴染みの『ペニス刺激⇒射精』の方に流れてしまったり、最悪の場合、気持ち良さすら味わい切れないことにも成りかねません。

ですので、「とにかく快感に没頭することだけに集中していれば、結果としてドライは付いてくる」というようなマインドセットで居ることが、結果としてドライへの近道になります。

管理人より
管理人より
私には、ドライオーガズム達成の際に、特にお世話になった女性が3名居るのですが、このことは3名皆が共通して仰っていたことでした。

この記事のまとめ

この記事では、前立腺でウェット・オーガズムに逝ける様になっていることを前提として、そこからドライに至るために、

  • ドライではなくウエットで逝ってしまう理由
  • 前立腺刺激でウエットに逝かないための方法論
  • ドライに拘り過ぎることの弊害

について解説させていただきました。

正直、前立腺での気持ちよさを感じられるようになれば、ドライオーガズムは直ぐ手の届くところにあると言えます。

焦らず、開発されていく過程を楽しんで(繰り返しますが、この過程は、あなたが女性のGスポットを開発する際に、思いっきり活用できます)、「結果として」ドライに到達していただければと存じます。

追記

この記事を参考に、ドライを達成した方、是非是非お問い合わせフォームから管理人に「達成メール」を頂けますと幸いです。

また、進めていく途中で分からないこと等あれば、こちらも遠慮なくお問い合わせフォームから質問をいただければ、回答させていただきます。

検討を祈ります!!