ドライオーガズム達成のための青写真(6ステップ)

5月 2, 2019

ドライオーガズムというのは、前立腺刺激によって射精を伴わずに達するオーガズムです。

最近はこれを売りにしている風俗店等も多々あるわけですが、「そういうお店に行けば、一発でそこに行ける」などというものでは無く、女性のGスポットと同じように『開発』が必要なものです。

ドライオーガズム開発のプロセスを大きく分けると

オーガズムは、大きくなれば大きくなるほど、自分の心と身体を開放することが必要になってきます。

ですので、恐怖心や違和感があると(基本的には)オーガズムに到達しにくくなります。

この中で、ドライオーガズムに到達するプロセスを大きく分けますと、

  1. ドライオーガズムがあることを知り、その存在を確信する。
  2. アナル表面を刺激されることが「気持ち良い」と思えるようになる。
  3. アナルの入口辺りを刺激されるのに違和感・恐怖心が無くなり、「気持ち良い」と思えるようになる。
  4. アナルに物(指やらアナルパールやら…)を出し入れすることに違和感・恐怖心が無くなり、「気持ち良い」と思えるようになる。
  5. 前立腺の刺激に違和感・恐怖心が無くなり、ペニスの同時刺激を伴えば「気持ち良い」と思えるようになる。
  6. ペニスの刺激を伴わず、前立腺の刺激のみで「気持ち良さ」を感じて、オーガズムに到達できるようになる。

という段階を踏むことになります。

読んで頂いて感じていただけると思いますが、そこそこの時間・労力は必要ですので(その分、フツーのセックスの10倍以上の快感を感じられますが…)あらかじめご承知置きください。

ドライオーガズム開発の最短コースは?

アナルはデリケートな器官ですので、乱暴な開発を行ってしまうと「一生紙おむつ」とか「人工肛門」といった悲惨な結果になることが有り得ます。

ですので一番良いのは、①専門のお店(M性感等の風俗店ですね)で②しっかりとしたテクニックを持った女性に開発してもらうことです。

但し、上記の1.~6.のすべての過程を、ゼロから風俗店で行おうとすると、かなりお財布に厳しい状況が生じてしまいます。

ですので個人的には、1.~4.の最初辺りまでは、ご自分で開発を行ったうえで、以降を風俗店でお願いすることを強くお勧めします。

そうすれば、「明らかに自分に向いていない」という場合の引き返しも、痛手が少なくなりますので。

管理人より
管理人より
尚、SM倶楽部でも『アナル開発』というのがありますが、これは「ドライを目指す」というよりも、「より太いものを入れれるようになる」という方向を目指すものとなります。
ドライを目指すためのアナル開発は、M性感やドライ専門店で行うことをお勧めします。

ドライオーガズムへの最短コース

この記事をより実践的に落とし込んだ内容として、以下の5つの記事を用意しています。

ドライオーガズムへの最短コース1:事前準備
ドライオーガズムへの最短コース2:アナルの入り口付近の性感アップ
ドライオーガズムへの最短コース3:いよいよ指入れ・いよいよM性感
ドライオーガズムへの最短コース4:前立腺で気持ちよくなるマインドセット5つ
ドライオーガズムへの最短コース5:いよいよドライへ

「ドライオーガズムは一日にして成らず」ですし、苦労する過程は、あなたが女性のGスポット開発をする際に活きて来ますので、是非是非楽しんで、ドライオーガズムを目指してみてください。