より良いセックスのための男の性感開発

4月 7, 2019

良いセックスをするためには、女性のオーガズムを知り、テクニックを磨くだけではなく、自分自身を相手の女性に開放することが必要です。

この中で、ペニスによるオーガズムだけでなく、さまざまなオーガズム・ポイントを開発し、多種多様なオーガズムを自分自身で経験しておくことは、自分自身を開放しやすくなりますし、セックスEQをアップする上でも非常に有効です。

というわけで今回は、ペニス以外の代表的なオーガズム・スポットの概要をまとめておきたいと思います。

乳首オーガズム

ソープランドで「乳首舐め」が定番プレイであり、M性感では「チク舐めテコキ」が定番プレイになっていることからも分かるように、男性の乳首は定番のオーガズムスポットです。

アナル性感との相性も良く、乳首をいじりながらアナルを刺激すると、気持ちよさが倍増します。

M性感のお姉さんに聞いた話によると、ペニスを触らなくて、乳首だけの刺激で射精できる猛者もたまにいるとのことです。

ちなみに、「チクニーをやりすぎると乳首が大きく黒くなる」というのは、前述のM性感のお姉さん曰く『都市伝説』で、乳首の大きさ・黒さと乳首の開発度合いは異なるとのことです。

管理人より
管理人より
ちなみに100人アンケートの結果、乳首オーガズムの経験者は12人/100人でした。

鼠径部オーガズム

ちょっとエッチな男性専用マッサージにおける定番の刺激箇所が鼠径部(足の付け根)です。

ここをさすってもらうと実に気持ちよくて私も大好きなのですが、この気持ちよさの根源にはペニスの根っこが鼠径部にそって広がっていることが指摘できます。

ですので快楽の根本はペニス刺激であり、開発も行い易いのですが、ペニスの直接刺激とは異なる『ふんわりとした気持ちよさ』があります。

ペニス・オーガズムからの脱却の第一歩として、まずは鼠径部オーガズム(快感はペニスに起因するので、触ってるうちに、ペニスを触ってないのに射精するという形で迎えることが多いでしょう)を探求してみるのはお勧めです。

管理人より
管理人より
ちなみに100人アンケートの結果、鼠径部オーガズムの経験者は14人/100人でした。

蟻の門渡りオーガズム

蟻の門渡りというのは、ペニスの付け根と肛門の間の部分です。

ここを刺激すると、前立腺(男性のGスポットですな)が刺激されることなり、なかなかに気持ちが良いです。

ペニス刺激との相性も良く、オナニー中にここを刺激したり、挿入中にここを刺激してもらったり(騎乗位で手を後ろに回してやってもらうと良い感じです)すると、快感がアップします。

このようにして、蟻の門渡りの性感を高めていくと、前立腺開発もスムーズになるので一石二鳥です。

前立腺開発が進んでくると、蟻の門渡りオナニーでもオーガズムに達することが出来るようになりますが、ここもペニスに近いこともあって、ペニスを触っていないのに射精するパターンになることが多いです。

管理人より
管理人より
ちなみに100人アンケートの結果、蟻の門渡りオーガズムの経験者は13人/100人でした。

前立腺オーガズム(アナルオーガズム)

前立腺は、男性が仰向けで寝ている状態でアナルに手のひら上向きで指をいれ、第2関節まで入った辺りで指を曲げたところにあるちょっとザラザラした部分です。

女性のGスポットと同じ辺り(もちろん膣と肛門の違いは有りますが…)にあり、身体の器官としても同じものといわれています。

快感の大きさも同質で、開発によってペニスによるオーガズムの10倍以上の快感を感じられるようになります。

ちなみに、アナルにはその他にもたくさんの快感スポットが有りますが、一番の快楽スポットはこの前立腺で、開発が進むと前立腺刺激のみで射精を伴わないオーガズム(ドライオーガズム)に達することも可能です。

また、前立腺開発の過程は、そのままGスポット開発の過程になりますので、自分が開発される体験を経ておくことで、女性を開発もスムースに行えるようになります。

管理人より
管理人より
ちなみに100人アンケートの結果、前立腺オーガズムの経験者は25人/100人でした。

この前立腺オーガズムは、語りだすと奥が深いですし、開発には時間も労力もかかりますので、今後数回に分けて前立腺開発に関する記事も書いていこうと思っています。

管理人より
管理人より
少し前に、ツイッターで医大生が、女性のポルチオに相当する器官が男性の前立腺付近にあるとつぶやいて話題になりました。

これが本当であれば、前立腺刺激によって、Gスポットとポルチオの両方のオーガズムを感じられることになります。

この記事のまとめ

この記事では、ペニス以外のオーガズムスポットとして、乳首・鼠径部・蟻の門渡り・前立腺を紹介しました。

これらを開発していくと、多様な快感が得られるようになって、性生活が豊かになります。

お手軽な鼠径部⇒蟻の門渡り⇒乳首と前立腺みたいな感じで、試して見られると良いと思います。

管理人より
管理人より
因みにその他のオーガズムスポットもアンケート時に尋ねたとことろ、耳・陰嚢及び睾丸・首筋・脇の下などが挙がってきました。

個人的には難易度高めだと思いますが、よろしければチャレンジしてみてください。