クンニの際の重要注意事項5つ:舌の固さ・舐める方向等

5月 4, 2019

クンニに関しては、女性を逝かせるクンニの基礎知識~クンニをする際に知っておくべき9つのゴールデンルールで全体像を解説しましたが、もう少し詳細な内容に入って行きたいと思います。

今回のテーマは、クンニの際の5つの重要注意事項です。

クンニに髭は(出来れば)NG

最近、ひげが流行ってますよね。

確かにひげを生やすと、簡単に色気が出ますので、非モテ脱出・ちょい悪けだものエロ漢化には有効な手段では有ります。

ただ、クンニの際にひげがあると、女性のデリケートな場所をチクチク攻撃してしまうことになりかねませんので、無い方が女性に優しいです。

どうしてもひげを生やしたい人は、ひげが女性器等に当たらないよう、最新の注意を払いましょう。

クンニの際は、舌の固さと唾の量を意識する

クンニというと、「舐める場所」に気持ちが行きがちですが、「舌の固さ」・「唾の量」で舐められる感覚が大きく変わってきます(自分の手なりを舐めてみると体感できます)。

舌の固さ

舌に力を入れず、だら~とさせた状態ですと、広域的に優しい刺激を与えられます。

反対に、下に力を入れて棒状にすると、ピンポイントにきつめの刺激が与えられます。

個人的には、大陰唇はやわらかく舐めて、小陰唇は硬めにピンポイントで。膣口とクリトリスは、最初は柔らかく⇒硬くと変化させるのが好きですね。

唾の量

クンニの際、唾は潤滑油という重要な役割を果たします。

基本的には「唾多め」を心がけておけば問題ないのですが、個人的には大陰唇を舐める時は唾なしで、小陰唇辺りからは唾大目で…という感じでメリハリをつけるやり方が好きです。

クリトリスの舐めは縦舐め・横舐め・円舐めの特性を理解

クンニの本命であるクリトリス舐めですが、一般的な縦舐め(下から舐め上げる舐め方)だけでなく、横舐め・円舐めがあることと、各々の特性を理解しておくと良いです。

縦舐め

男性として一番思いつきやすいし、やりやすい舐め方でしょう。私もこれをメインにしています。

縦舐めには、包皮が発達してクリトリスの位置が明確に分かりにくい女性でも、確実にクリトリスをヒット出来るという利点が有りますので、初心者にも優しいです。

ただ、オナニーの際に横方向の刺激をする癖があり、縦方向の刺激になじみの無い方の場合には、逝き難いことがありますので、これしか出来ないというのは危険です。

横舐め

クリトリスを横方向に舐める方法です。

ちょっと思いつきにくいですし、慣れと練習が必要ですが、普段横方向オナニーをしている女性には有効ですので、マスターしておいて損の無い技です。

デメリットは、慣れないとちょっと舌が疲れる点です。

円舐め

あんまりやっている人は居ないと思いますが、時計回りもしくは、反時計回りに舐めていくやり方も有ります。

横舐め以上に慣れが必要ですが、その女性のその時の感じている場所をピンポイントで探しやすいというメリットが有りますので、初めての女性をクンニする際等に有効です。

デメリットは、横舐め以上になれないと舌が疲れる点です。

管理人より
管理人より

ちなみに、女性100人にオナニーのやり方についてアンケートを取った所、以下のようになりました。

指でクリを横方向に刺激する 11人
指でクリを縦方向に刺激する 22人
指でクリを円を描くように刺激する 22人
シャワーを強く当てる 4人
ローターや電マを当てる 13人
中の刺激の方が好きなので、クリトリスでオナニーはしない 1人
そもそもオナニーをしない 27人

何かのクンニ教材で、「女性のオナニーは横方向に動かす場合が多い」と書いていましたが、『大うそ』でしたね(笑)

ただ、普段慣れている刺激の方が逝きやすいというのはあるので、クンニの際に「いつもどんな風にオナニーしてるの?」って聴いてみて、方向性を合わせるのは、有効な方法です。

クンニの応用技として、吹く・吸う・叩くも有り

クンニの基本は舐めですし、舐め技をマスターしておけば必要十分では有りますが、応用技として、吹く・吸う・叩くもあります。

吹く

吹くというのは、女性器に息を吹きかける行為です。

クンニに入る前に、膣口付近やクリトリスに息を吹きかけるというのは、これから始まるクンニを予感させて興奮度をアップさせることに繋がります。

吸う

吸うに関しては、2パターン有ります。

1つは、膣口付近を音を立てて吸うパターンで、たまにAVなんかでも見かけるプレーです。

特にMっ気のある女性には「すっごく溢れてきてる…」なんて行った後、これを行うことで、羞恥心を煽ることができます。

2つ目はクリトリスを吸うパターンです。

ご自身で指を吸ってみるとわかると思いますが、舐めるのとは違ったバイブレーションを与えることが出来ます。

いずれにせよ、ちょっと下品な音が出るので、女性を選ぶとは思いますが…。

叩く

これは、手で叩く等ではなく、舌先でクリトリスをトントントンっとノックするイメージです。

ネット上で「劇的な逝き方をする」と話題になった『駐屯クンニ』という技は、クリトリスを吸った後に素早く叩くという動作を繰り返す技で、普通の舐めがクリトリス単体の刺激になるのに対し、女性器全体に振動が伝わることから、中イキに準じた逝き方になるというのもうなずける話です。

クンニ危うきに近寄らず

直接女性器を舐めるクンニは、当然性感染症の可能性も含む行為です。

私自身、風俗でも躊躇せずにクンニする派では有りますが…危険を避ける意味で以下はご一読ください。

抵抗力が下がっている時のクンニは避ける

風邪などで抵抗力が下がって、喉に炎症のあるときにクンニをすると、結構な確立で喉が腫れ上がります…私自身5度くらい経験しているので間違いありません(笑)。

そもそも風邪を引いてる時にエロい事をする必要があるのか?という疑問も有りますが、ご参考まで。

海外でのクンニは避ける

性病というのは、日本人同士ならある程度免疫があって移りにくいけれど、日本人-外国人等の場合は感染確率が高まるといわれています。

実際、ケンコバ氏がやっている「tenga茶屋」というラジオ番組で、海外のエロいお店でクンニをしたケンコバ氏の友人が、翌朝見ても分かるレベルで喉がはれていたという話をしていました。

海外でエロいお店へ行った際のクンニは避けるべきでしょう。

出会い系サイトの個人事業主・デリヘル女性へのクンニは避ける

風俗店でも、高級ソープ等に限定すれば、客層も危なげな場所で遊ばない人が多いですし、性感染症検査もちゃんとしているので、そんなに気にせずクンニをしても問題は無いと思います。

しかし、格安店やデリヘルなどは、性病検査等の体制がしっかりしていない場合が多いです。

また、出会い系で個人的に風俗店を営んでらっしゃる個人事業主(まどろっこしい言い方ですが…察してください)等は、まあ、間違いなく性病検査フリーで営業をしてらっしゃるでしょうから、かなり危険です。

満臭が激しい場合のクンニは避ける

個人的に匂いフェチでして、多少の体臭があるほうが興奮したりするのですが、満臭がエグイ場合(特に魚の腐ったような匂いの場合)は女性器の細菌バランスが狂っているのが原因らしいです。

細菌バランスが狂う原因には、性感染症もありますので、満臭が激しい場合のクンニは避けるべきでしょう。

この記事のまとめ

この記事では、クンニの際の最重要事項として、

  • 髭はNG
  • 舌の固さと唾の量を意識すること
  • 舐め方には縦舐め・横舐め・円舐めがあること
  • 応用わざとして、吹く・吸う・叩くもあること
  • 性感染症等になりやすい状況

についてまとめました。

是非是非あなたのクンニライフにこの記事の知識を取り入れていただき、女性をクリトリスオーガズムに導いていただければ幸いです。